エクセルの原理

エクセルの原理は次の3段階に分かれます。

エクセル治療の流れ

1. ダイオードレーザーの照射

エクセルのパッド


パッド

エクセル(Xcell)のパッドより照射されるダイオードレーザーにより、脂肪細胞に中にある中性脂肪(トリグリセリド)が脂肪酸とグリセロールに分解され、細胞外へ放出されます。放出された脂肪酸(遊離脂肪酸)とグリセロールはリンパ液に乗って、血液中に入ります。
また、ダイオードレーザー照射中には鼠蹊部などのリンパ節にリンパ節を刺激するプローブを置きます。これはリンパ液の流れをよくして、遊離脂肪酸とグリセロールの代謝をよくするためです。
※ダイオードレーザーは脂肪細胞のみに作用しますので、他の細胞・神経・血管を傷つけることはありません。 パッドからのダイオードレーザーが皮下組織に浸透し、各脂肪細胞を照射します。

(電子顕微鏡で見た脂肪細胞)

  • エクセル施術前:脂肪を蓄えた丸く太った脂肪細

  • 4分間のレーザー照射で、脂肪細胞から80%の脂肪が遊離されているところ

  • 6分間のレーザー照射で、脂肪細胞からほぼ100%の脂肪が遊離され、脂肪細胞がしぼんでいる状態

 

2. バキュームマッサージ

バキュームマッサージ

①バキュームマッサージハンドピース
②658nmと785nmのレーザーダイオード
③こぶし状のローラーがマッサージ圧を最大化する

脂肪組織をバキュームしながら、脂肪組織を約10分間マッサージします(バキュームマッサージ)。これによりダイオードレーザーの照射で細胞外に出た脂肪酸とグリセロールがリンパ管に合流することを促し、脂肪酸やグリセロールは最終的に血液中に流入します。また、バキュームマッサージを受けている間も、バキューム機よりもダイオードレーザーが照射されております。
なお、血液中の脂肪酸とグリセロール最終的に肝臓でエネルギーとして燃焼されます※この燃焼が効率よく行われるためにも、治療直後3時間以内になるべく運動を行うことが大切です。運動の種類は問いませんが、少し汗ばむ運動を行うことを推奨しております。

 

3. ラジオ波(RF)

ラジオ波(RF)

ラジオ波を脂肪組織に照射することで、ラジオ波の高周波エネルギーが皮膚内のコラーゲン産生を促し、その結果、セルライトや脂肪でたるんだ皮膚の引き締め・タイトニングが行われます。

エクセルの効果がもっとわかる症例写真集はこちら
切らずに、痛まずに脂肪解消!セルライト解消!別名「切らない脂肪吸引」
当院は、日本でいち早くエクセルを導入しました。症例数多数。是非お気軽にご相談ください!
このページのトップへ戻る

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ヒューリック外苑前ビル 7F
(旧フジビル28)

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニック

フリーダイヤル 0120-118-242

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F